eSIMを海外で使う際に電話やSMSは出来る?お得に海外で電話を使うには?

近年、海外への旅行や出張の際のインターネット接続手段として「eSIM」が注目を集めています。

eSIM」とは「embedded(=組み込み型) SIM」の略で、従来のようにSIMカードの挿し替えをせずに通信事業者の情報を書き換えることができる内蔵型のSIMです。

eSIMは手続きを全てオンライン上で完結でき非常に手軽なため、これからの更なる普及が見込まれています。

海外で電話をかけたくなる時は意外とある!

海外旅行などでインターネットを使いたくなる場面は事前に容易に想像がつきますが、意外と電話をかけたくなるシチュエーションも多く存在します。

  • 日本にいる家族や友人との連絡を取りたい
  • トラブルが発生し現地の大使館や警察に連絡したい
  • ビジネスのやり取りで現地の取引先にすぐ連絡をしたい

電話を使いたい場面は突発的に発生することが多いので、事前に「eSIMを使用して海外に行った際に、電話はどうすればいいのか」 を知っておくことが非常に重要です。

この記事ではeSIMを使って海外で電話をかけるための具体的な方法とその注意点について詳しく解説していきます。

初めに結論「海外用eSIMで電話は難しい」

まず初めに結論を述べてしまうと、現在各社で提供されている海外向けeSIMのプランは「データ通信のみ可能」がほとんどで、プリペイドSIMなどでよくある「データ通信に加えて、現地の電話番号やSMS(=ショートメッセージ)も使える」というプランはほとんど存在しません。

そのため、海外でeSIMを利用する際に電話をしたい場合は、これから説明する「VoIPアプリ」を使用するのが一般的です。

VoIPアプリを使って電話をする

VoIPアプリとは

「VoIP」とは「Voice over Internet Protocol(=インターネット回線による音声通話)」の頭文字を取った略語で、つまり「VoIPアプリ」とはインターネット回線を使用して電話が出来るアプリです。

従来の電話は電話回線を使用していますが、VoIPアプリはインターネット回線を使用して電話をしているため、eSIMのように「データ通信のみ」の契約をしていても電話をしたい場合に非常に役に立ちます。

主なVoIPアプリ

【LINE】

日本ではもっとも広く知られたアプリの1つで、チャット以外に無料で音声通話とビデオ通話が可能です。

【Skype】

こちらも日本国内では有名なチャットアプリで、LINEと違い固定電話や携帯電話への通話も可能です。

【WhatsApp】

世界で最もユーザー数の多いチャットアプリで、LINEと同様にチャット以外に無料で音声通話とビデオ通話が可能です。

「VoIPアプリ」と言われると聞き馴染みがないかもしれませんが、多くの方がLINEなどのチャットアプリ内で電話機能を使用したことがあると思います。

これらはインターネット回線を使用した電話機能になるので、データ通信が可能であれば海外であっても国内と同様に使用することが可能です。

VoIPアプリを使用する際は以下の2点に注意!
・電話中はデータ通信を行うため契約プランのデータ通信量の上限に注意
・ネット接続環境に音質が左右されやすく、電話回線と比べると音質が悪い場合がある

どうしても海外で電話をしたいなら

ここまでの説明で「海外で電話をする場合、eSIMを利用しているならVoIPアプリを使用する必要がある」ということを理解していただけたと思います。

ですが、「どうしても海外で電話を使えるようにしたい」という場合は以下の3つが選択肢として挙げられます。

  1. 各キャリアの国際ローミングサービスを利用する
  2. 現地のSIMカードを購入する
  3. 国際電話カードを購入する

各キャリアの国際ローミングサービスを利用する

最も簡単な方法は、現在使用している携帯電話会社の国際ローミングサービスを利用することです。
出発前にローミングサービスが有効になっているか確認し、必要に応じてプランを変更します。

なお、ローミング料金は高額になることが多いため事前に料金を確認しておいた方が良いでしょう。

現地のSIMカードを購入する

渡航先の空港などでは現地の電話番号・SMSが使用可能なSIMカードが販売されていることが珍しくありません。
渡航先によっては購入時のハードルがやや高いこともありますが、通常は国際ローミングサービスよりも費用が安く抑えることができます。

現地のSIMカードを差し込むため、使用予定の端末がSIMロック解除されているか事前に確認しておく必要があります。
SIMロックの解除方法は会社により異なるので該当のページをご確認ください。

国際電話カードを購入する

一部の国では国際電話カードを購入して公衆電話やホテルの電話から電話をかけることも可能です。
プリペイド式の電話カードなので「電話をしすぎて後から高額請求をされてしまった」というリスクもありません。