eSIMとSIMカードを比較 | それぞれのメリット・デメリットも紹介

近年普及し始めているeSIMですが、国内での利用はまだまだ従来のSIMカードが一般的です。

ですが、ドコモ・ソフトバンク・auなどの大手キャリアでも、各種プランをSIMカードだけでなくeSIMでも提供しているのは知っているでしょうか。

本ページでは「eSIM」と従来の「SIMカード」を様々な面から比較していきます。

「eSIM」と「SIMカード」の違いを把握する

従来の「SIMカード」とは

SIM」とは「Subscriber Identity Module(=加入者識別モジュール)」の頭文字を取った略語で、加入者を特定するため各種契約情報が記録されています。

小型のカードにICチップが搭載されているので「SIMカード」と一般的に呼ばれており、近年ではeSIMと区別するため「物理SIM」と表現される場合もあります。

SIMに記録された契約情報を識別することで、「音声通話」「データ通信」「SMS(=ショートメッセージ)」が使用可能になります。
※キャリアメールもSIMカードに情報が記録されています。

SIMカードは大きい順に「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」が存在し、現在のスマホでは「nanoSIM」が一般的となっています。

「eSIM」とは

eSIM」とは「embedded(=組み込み型) SIM」の略で、従来のようにSIMカードの挿し替えをせずに通信事業者の情報を書き換えることができる内蔵型のSIMです。

eSIMは様々な活用方法がありますが、当サイトで特に推奨している使用方法の一つに「海外での利用」というものがあります。

海外では普段の通信会社とは別に通信手段を用意しなければ、インターネットが使用できなかったり、高額請求を受けてしまったりする可能性があります。

ですが、eSIMを活用することで海外でも安い料金で手軽にインターネット通信を行うことができます。

海外で使えるeSIMサービスの多くはテザリング機能を使えるので、スマホ利用以外に「パソコン」や「タブレット端末」を利用するためのポケットWiFi代わりにも用いることもできます。

「eSIM」と「SIMカード」を比較

eSIMのメリット

eSIMの方が従来のSIMカードと比較して優れているのは以下の通りです。

  • 新規契約・乗り換えの手続きが簡単
  • デュアルSIMが簡単
  • 海外旅行などの際に便利
  • SIMカードの挿し替え・返却が不要

新規契約・乗り換えの手続きが簡単

従来のSIMカードと比較した際のeSIMの最も大きなメリットは、契約・乗り換えの各種手続きをweb上で全て行う事ができる点です。

早い場合は手続き開始から数十分~1時間ほどでに契約を開始することができます。

web上でSIMカードの契約を行った場合、申込み完了後に数日ほどSIMカードの到着を待つ必要があります。

一方でeSIMの場合はスマホ内の情報の電子的な書き換えだけなので手続きから短時間で契約を開始することができます。

キャリアを頻繁に変える方には手間のかからないeSIMの方が合っていると言えるでしょう。

デュアルSIMが簡単

「デュアルSIM」とは、1台の端末で複数のSIMカードを使い分けられる機能のことをさします。

・プライベートと仕事でスマホを使い分けたい
・トラブルに備えて異なる回線を持っておきたい
・海外出張によく行くから、渡航時にラクにSIMを切り替えたい

このような際に非常に便利なデュアルSIM機能ですが、近年のスマホは「nanoSIM×1+eSIM×1~」という組み合わせが増加してきており、国内でデュアルSIMを使いたいと考えている方は基本的にeSIMを検討しましょう。

あわせて読みたい
デュアルSIMとは | メリットや対応機種を紹介! 【デュアルSIMとは】 「デュアルSIM」とは、1台の端末で複数のSIMカードを使い分けられる機能のことをさします。 ・プライベートと仕事でスマホを使い分けたい・トラブ...

海外旅行などの際に便利

海外旅行など、普段とは違った通信手海外では普段の通信会社とは別に通信手段を用意しなければ、インターネットが使用できなかったり、高額請求を受けてしまったりする可能性があります。

そのため、海外旅行に行く際はポケットWiFiをレンタルしたり、現地でSIMカードを購入する方が多いと思います。

そんな海外での通信手段の新しい選択肢としてeSIMは非常に注目をされています。

eSIMであれば海外にいても契約の手続きが可能で、ポケットWiFiのようにスマホ以外の機器を持ち歩く必要もありません。

SIMの挿し替え・返却が不要

eSIMはデバイス内蔵型のSIMのため、SIMカードの挿し替え・返却といった手間も発生しません。

そこまで可能性は高くありませんが、SIMの挿し替えの際の破損や紛失などのリスクもゼロと言えます。

SIMカードのメリット

一方で、従来のSIMカードの方がeSIMと比較して優れているのは以下の通りです。

  • 端末が選びやすい
  • 料金プランが豊富
  • 端末の乗り換えがしやすい

端末が選びやすい

SIMカードがほとんどのスマホで使用可能なためのに対して、eSIMは近年になって普及し始めた技術のため、スマホによってはそもそもeSIMに対応していないものも存在します。

「今使っている古いスマホをそのまま使いたい」という場合は、そのスマホがeSIMに対応していない場合はeSIM契約は断念しなければなりません。

ですが、最近では「eSIM専用スマホ」も発売されているため、eSIMが普及するにつれて「端末が選びやすいか」という点での差は次第に無くなってくる、または逆転する可能性も考えられます。

お使いのスマホがeSIMに対応しているか確認をしたい場合はこちらの記事をご確認ください。

あわせて読みたい
【2024年最新版】eSIM対応機種一覧(iPhone/Androidスマホ) 「eSIM」とは「embedded(=組み込み型) SIM」の略で、従来のようにSIMカードの差し替えをせずに通信事業者の情報を書き換えることができる内蔵型のSIMです。 オンライン...

料金プランが豊富

こちらも「端末が選びやすい」というメリットのところで述べたのと同様に、現在はまだ「SIMカードでしか提供してないプラン」を出しているキャリアも存在します。

ですがこちらもeSIMの普及に伴って差は次第に無くなってくると思われます。

端末の乗り換えがしやすい

SIMカードは物理的に挿し替える事が可能なため、契約はそのままにスマホだけ新しいものに交換する事が可能です。

一方でeSIMはスマホに内蔵されているため、「契約はそのままスマホだけ変更する」ということができず、「eSIMの再発行手続き」が必要となります。

こちらは全てweb上で行うことが可能ですが手間もかかるうえ、再発行手数料として3000~4000円程度の費用も発生してしまうため、唯一SIMカードの方が明らかにeSIMより優れている点と言えるでしょう。

「eSIM」と「SIMカード」の比較まとめ

ここまでeSIMとSIMカードのそれぞれの長所をお伝えしてきましたが、最後にどんな人にeSIM・SIMカードがオススメなのかをまとめさせていただきます。

eSIMがオススメ

  • なるべく楽に契約をしたい方
  • デュアルSIM機能を使いたい方
  • キャリアの乗り換えを頻繁に行う形

SIMカードがオススメ

  • eSIM非対応のスマホを使用したい方
  • 色々な料金プランから選択をしたい方
  • SIMの挿し替えを頻繁に行いう方

2021年に総務省が発表したガイドラインの中でもeSIMの普及について言及がされていたため、eSIMは今後普及している方向性なのは間違いないと思われます。

今後eSIMが更に普及した場合、「SIMカードを使いたいならスマホ・料金プランの選択肢が狭まる」という状況になる可能性も十分考えられます。